飯田哲也さん講演会

※※※  映画「第4の革命」公開記念講演会 ※※※
 飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ドイツで大評判となったドキュメンタリー映画「第四の革命」
金沢公開を記念して、飯田哲也さんの講演会が開催されます。

★★★第一部と第二部の会場が違いますのでご注意ください★★★
【講演会第1部】
2012年4月14日(土)9:30~11:30 地場産新館コンベンションホール
<テーマ> 「再生可能エネルギーと世界の動向」
世界は、今、農業・産業・ITにつづく「第4の革命」の渦中にあります。
これは、単にエネルギー源を変えるという話ではなく根本的な構造変化を
起こすということです。

巨大集中型エネルギーから、地域分散型エネルギーのシフトは実現可能か。
また、地域資源の活用により、地方が抱えている問題の解決策を導くこと
ができないか。

原発大事故に至った日本のエネルギー政策の過ちを検証しながら,これから
のエネルギー政策のあるべき姿を地域から考えていきます。

【講演会第2部】
2012年4月14日(土)13:40~15:40 石川県女性センタ-大ホール
★駐車場が狭いので、できるだけ公共交通機関をご利用ください★
 <テーマ>  「幸福に暮らすエネルギー」
~3・11を体験した私たちが創る「これからのエネルギー」~

大企業や専門家、政治家だけに任せるのではなくエネルギーを市民の手に
取り戻すには、どうしたらよいでしょう?

既に脱原発に向けて歩み出した国々があります。その選択ができたのは、
政治レベルで議論の変化と決断があったからですが、それを後押しした
のは、「原子力より再生可能エネルギーを!」と願う多くの市民の自発
的な意思でした。

毎日の暮らしのなかで脱原発・エネルギーシフトに参加する方法や、
それぞれの地域にあったエネルギーの創り方・使い方、未来を犠牲に
しないエネルギーを実現する方法について、海外の事例だけでなく国内で
の取り組みについても、お話を伺います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画「第4の革命 エネルギーデモクラシー」
www.4revo.org

4月14日~4月27日まで 香林坊・シネモンドにて上映
*14日(土)~20日(金) 一日に2回上映
 ①14:50~  ②21:00~  上映時間は83分
*21日(土)~27日(金)12:50~(一日1回のみ上映)   

原発事故後、世界に先駆けて脱原発法案を閣議決定し、世界を驚かせた
ドイツで、大反響となった映画「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」。
異例の13万人を動員し、2010年ドイツで最も観られたこの映画は、
再生可能エネルギーの取り組みに焦点を当て、その可能性を探るドキュメンタリー。

映画にはヨーロッパの再生可能エネルギー推進政策の中心人物、
各界のキーパーソンが登場し、電力自由化や再生可能エネルギー産業など、
これからのエネルギーのあり方を語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講演会主催:シネモンド 金沢市香林坊2-1-1 KOHRINBO 109 4F
TEL:076-220-5007 /FAX:076-220-5008
 E-mail mail@cine-monde.com
☆シネモンドの「お知らせ」コーナー:
http://www.cine-monde.com/news.html 

 入場料:
映画と講演会 入場共通チケット 前売り2,000円:当日2,500円
1部2部両講演会と映画 共通チケット 前売り2,500円:当日3,000円
*お問合せは、シネモンドへ。

 ☆☆ 飯田哲也さん、「第4の革命」について語る(約2分の動画)☆☆
http://www.youtube.com/watch?v=qZIl9s9aDZU&feature=youtube_gdata_player 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
2011年11月24日に行われた特別上映会後のメッセージです。 
 
ドイツを「脱原発」決定へと導いたのが、
ドキュメンタリー映画「第4の革命 -  エネルギー・デモクラシー」だ。
2010年にはドイツ全土で上映され、異例の13万  人を動員。3.11後には
テレビ放映され、200万人が視聴し、一気にドイツの再生  可能­へのエネル
ギーシフトを決断させることとなる。100%再生可能エネルギー シフトは
可能だ! 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
☆☆☆ 飯田哲也(イイダ テツナリ)プロフィール ☆☆☆
1959年、山口県生まれ。京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了。
東京大学先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。

原子力産業や原子力安全規制などに従事後、「原子力ムラ」を脱出して
北欧での研究活動や非営利活動を経てISEPを設立し現職。
自然エネルギー政策では国内外で第一人者として知られ、先進的かつ現実的
な政策提言と積極的な活動や発言により、政府や地方自治体のエネルギー政
策に大きな影響力を与えている。

国際的にも豊富なネットワークを持ち、21世紀のための自然エネルギー政策
ネットワーク(REN21)理事、世界バイオエネルギー協会理事、世界風力
エネルギー協会理事なども務める。

また日本を代表する社会イノベータとして知られ、自然エネルギーの市民
出資やグリーン電力のスキームなど、研究と実践と創造を手がけた。

政権交代後に、中期目標達成タスクフォース委員、および行政刷新会議の
事業仕分け人、環境省中長期ロードマップ委員、規制改革会議グリーン
イノベーション分科会委員、環境未来都市委員などを歴任。

3.11後にいち早く「戦略的エネルギーシフト」を提言して公論をリードし
てきた。

孫正義氏に付託されて、「自然エネルギー財団」設立の中心を担い、
現在、同財団の業務執行理事を務める。

2011年10月より経済産業省資源エネルギー庁 総合資源エネルギー調査会
基本問題委員会委員、及び内閣官房原子力事故再発防止顧問会議委員に就任。

著書に『北欧のエネルギーデモクラシー』(新評論)、『エネルギー進化論』
(ちくま新書)、『エネルギー政策のイノベーション』(学芸出版社)、
共著に『「原子力ムラ」を超えて~ポスト福島のエネルギー政策』(NHK出版)、
『原発社会からの離脱―自然エネルギーと共同体自治にむけて』(講談社
現代新書)、『今こそ、エネルギーシフト』(岩波ブックレット)、
訳書に『エネルギーと私たちの社会』など多数。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをする